Copyright 2017 寺崎内科・胃腸科クリニック All right reserved.

父の代より消化器疾患専門医院として地域に根付いており、私の代にはさらに、ハイスペックの内視鏡検査(上下部内視鏡検査)、カプセル内視鏡(小腸、大腸)超音波検査をそろえ、内視鏡検査は年間1500例施行、早期がんの診断と治療、ピロリ菌感染症の診断と治療を行い、地域の精密検査機関の役割を担っております。

高血圧症、高脂血症、糖尿病の患者さんが、もっとも多く、合併症防止のために脳血管系の合併症を評価するためにABI、頸動脈エコーなどを行ってます(専門の検査技師による)。さらに、熊本大学病院より、循環器内科や糖尿病内科の専門医の派遣をしていただき、週1回の専門医の外来と検査も行い、心疾患、脳血管疾患を発症前に危険因子を発見し、予防、さらには、専門病院へ紹介、治療へと結びつけるように努力しています。さらに、血液内科、癌化学療法の専門医の外来も行い、化学療法を行っている患者さんの、市内の専門病院との連携スムーズにできるように準備も行っております。

現在、施設入所の方を含め、40数名の在宅の患者さんを往診しています。阿蘇郡市医師会の訪問看護ステーションの協力のもと年に5名から10名くらいの在宅での看取りも行っております。今後の在宅や施設での看取りが増加すると思われます。

院内で可能な検査

特定健診 南阿蘇村の特定健診

各種予防接種 予約にて

※肺炎球菌ワクチンは常時準備しています。インフルエンザワクチンも季節ごとに準備

当院の特徴

Characteristic

・ヘモグラム、分画、炎症反応(CRP, 血沈)

・X線システム FCR

・肺機能検査

・骨密度測定

・心電図、24時間ホルター心電図(2台)ABI測定

・内視鏡システム 上部(経鼻内視鏡2台、精査用経口1台)下部(拡大細径型)、ピロリ菌検査(呼気テスト)

・カプセル内視鏡 大腸用と小腸用

・超音波検査(心臓、頸動脈、表在、腹部エコー)

・血糖、HbA1c、D-dimer、インフルエンザ精密検査